リフレーヌトップ > 体の不調・悩みはなぜ起こるの?  > 肩こり
体の不調・悩みはなぜ起こるの?「肩こり」
JALのカード提示で100円につき1マイル!! マンガで見るAir GYMしなやかBeautyプログラム 体の不調・悩みはなぜ起こるの? Air GYMしなやかBeautyプログラム お客様100名の声 匠(スタッフ)紹介 採用情報 リフレーヌへの問い合わせはこちら 「リフレーヌ」フランチャイズ展開開始 高い技術をお客様に!職人フランチャイズはリフレーヌだけ!

肩こりは日本特有!?

イメージ写真

実は「肩こり」という表現は日本特有と言われています。
もちろん欧米人にも近い症状は現れるようですが、日本人とは違い「痛い」や「痺れる」と表現する場合が多いようです。
このことは日本人と欧米人の体格の違いにも関係しているようで、一般的に日本人は欧米人よりも体が小さく筋肉も細いため、筋肉に疲労が溜まりやすく肩こりになりやすい体質のようです。
また近年ではゲーム機やパソコン、スマートフォンの普及により、若年層(小学生で悩んでいる方も!)にも肩こりに悩む方は増加している傾向にあるようです。

肩こりの原因は?

そんな日本人の国民的悩みともいえる「肩こり」の原因といわれているものには、大別すると5つの原因があると言われています。

その5つとは… 1.姿勢 2.ストレス 3.運動不足 4.噛み合わせ 5.眼精疲労

心当たりのある方も多いのではないでしょうか?
このような日常生活に潜む原因が、肩まわりの筋肉や骨格に影響を及ぼし、血行不良などを引き起こす事で肩こりになると考えられています。
このなかには噛み合わせのように特別な治療を要するものもありますが、簡単なケアでも予防できるものも含まれています。

肩こりを予防するには?

肩こりを予防するための簡単なケアの方法や注意点を記載しておきますので是非ご参考にしてください。

◆肩回りの運動

①両方の肩甲骨を真ん中の背骨に寄せるように両手を広げ胸を反らします
②猫背を防ぐように、両手を頭の上へ重ねて伸ばし身体全体で大きく反ります
③肩を大きく回します。この時忘れてはいけないのは「前から後ろに向かって回す」こと

肩回りの運動写真 しっかりと全身を使って、背中に弧を描くように。
肩回りの運動写真2 前から後ろへ大きく円を描くように。

◆避けるべき行動

パソコンやスマートフォンの長時間使用は避けましょう。どうしてもという場合は、一定時間使用したら目にお湯で濡らしたタオルなどを乗せてこまめに休憩を。
最近では画面から出るブルーライトをカットする眼鏡も市販されています。

肩こりにおすすめのコースはこちら!
top page